CHIBA-LABO
セミナー講習
勤労者福祉サービスセンター
働くあなたの潤い生活『ゆるり』
お得な情報満載!『ゆるりぷらす』
メールマガジン

「認知症介護イノベーションコンソシアムCHIBA」参画企業を募集します!

2018/12/05(水) 15:00

 当コンソシアムは、2019年春頃の設立を目指し、新たな認知症介護モデルの研究開発ならびに社会実装に向けて、ともに取り組む企業様の参画を求め、コンソシアムへの入会希望企業を募集します。

コンソシアム名

「認知症介護イノベーションコンソシアムCHIBA」

活動目的

 認知症の人に対する「自立尊重」「過不足なく、個々にあった看護と介護」を大原則に、認知症の人の家族や介護者の負担を軽減するとともに、認知症の人の気持ち(意思)を汲んだアシスティブテクノロジーのあり方を検討しながら、認知症の人の自律と自立に向けたイノベーティブで新しい介護モデルを確立し、日本全国さらには世界に向けて社会実装を進めていくことを目的とします。

活動内容

 認知症の人の日常生活における意思推定システムの社会実装に向けて、主として以下の事項について研究活動を行います。
  1. 認知症介護の現場ニーズや課題等に関する先端調査研究
  2. 意思検出&動作推定機構に用いるAI等の先端技術に関する研究開発
  3. 新たな介護モデルの構築及び社会実装に関する調査研究
  4. 研究開発に基づく試作機器等の現場実証による機能評価

 注)2.に関する具体的な技術項目については、個別面談会への参加申込後に、機密保持にかかる誓約書の提出と合わせて、事務局よりご提示します。

参画いただきたい企業

  1. 活動目的や活動内容等に賛同し、公平、協力、倫理、互恵の精神にて活動に臨み、機密保持について遵守することに同意できる方。
  2. 共同研究開発に関する基本的な考えとして、知的財産は応分の権利とし、発生する費用については、応分の負担を負うことに同意できる方。(補助金の利用も可)
  3. 認知症の人のQOL(生活の質)を考慮しつつ、介護負担を軽減できる認知症介護モデル(=新たな介護モデル)の社会実装をともに目指す方。

研究提携者など

 千葉大学大学院看護学研究科、千葉大学医学部・工学部、千葉大学フロンティア医工学センター ほか

参画するには

 個別面談会(60分間程度)を実施し、合意事項の確認のほか、研究開発にかかる詳細情報をお伝えするなど、コンソシアムの活動をより知っていただき、参画のご判断をいただく機会を設けております。
 面談会への参加をご希望される方は、面談会申込書(Word)に必要事項を記載の上、事務局にご提出ください。

個別面談会のご案内

1)実施日程(※時間帯は事務局側で調整させていただきます)

 ご都合のよろしい日程で調整いたしますので、お気軽にご相談ください。

2)実施目的

  1. 入会にかかる基本合意事項の確認
  2. 研究開発内容等について情報提供し、マッチングを図る

3)実施内容

  1. 要綱(活動理念、活動目的、活動内容等)及び会員合意事項の確認
  2. 研究開発にかかる詳細情報の提示
  3. 活動内容に関する合意に向けてのヒアリング
  4. その他

問合わせ先

[問合わせ先]
「認知症介護イノベーションコンソシアムCHIBA」設立準備委員会 事務局
(公益財団法人千葉市産業振興財団 産業創造課)担当:吉岡・梶
〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央2-5-1 千葉中央ツインビル2号館8階
TEL:043-201-9506  FAX:043-201-9507
E-mail:sangyosozo@chibashi-sangyo.or.jp(@マークを半角にしてメールをお送りください)

ページの先頭へ戻る
閉じる