当財団及び千葉市が日本弁理士会主催の「第3回知的財産活用表彰」において、『知的財産活用支援大賞』を受賞しました!

2016/12/02(金曜日) 21:00
当財団及び千葉市が日本弁理士会主催の「第3回知的財産活用表彰」において、『知的財産活用支援大賞』を受賞しました!

今回の大賞受賞は、当財団が設立当初から中小企業の知財活用の取組強化を支援し、企業価値の向上や技術発展等の経営力強化を推進してきたことが評価されたものです。

『知的財産活用表彰』とは・・
日本弁理士会が主催する表彰制度で、営業秘密やブランドを活用して知的資産経営に取り組む中小企業や、それらを支援する支援機関等を表彰するものです。

平成28年12月2日(金)13時より、日本弁理士会館3階(東京都千代田区霞が関3-4-2)において、表彰式と受賞者によるプレゼンテーションが行われました。
tpic_16120201 tpic_16120202
日本弁理士会会長 伊丹勝氏から表彰を受ける 千葉市経済農政局長 鎌田栄氏と当財団理事長の北村


tpic_16120203 tpic_16120204
日本弁理士会マスコットキャラクター『はっぴょん』との記念撮影
 

表彰式を終え、各受賞団体のプレゼンテーションが始まりました。
当財団は、「知的財産活用支援の取り組みについて」をテーマとして、知財を活用した新製品開発から販路開拓までの一貫支援のスキームを説明しました。 
tpic_16120205 tpic_16120206
受賞挨拶をする理事長の北村 プレゼンテーションを行うコーディネーターの松山
 

今回の受賞を励みに、より一層の知財活用を推進し、地域中小企業における技術発展ならびに経営力強化を図ります。
知財活用による経営強化をお考えの企業様は、是非当財団にご相談ください。