『ベンチャー・カップCHIBA』ビジネスプラン募集

第16回『ベンチャー・カップCHIBA』ビジネスプラン募集中!

募集期間:平成29年6月19日(月)~ 8月18日(金)17時必着

応募申込関係の書類はこちら

 公益財団法人千葉市産業振興財団では、「ベンチャークラブちば」との共催により、千葉市発の将来性ある新たなビジネスの創出を目指して、 ビジネスプランコンテスト第16回『ベンチャー・カップCHIBA』を開催します。
 「一般部門」、「ソーシャルビジネス部門」、「学生部門」の3部門により、新規性・独創性に富んだビジネスプランを募集致します。

 優秀なビジネスプランについては、投資家、ビジネスパートナー等との交流の場である発表会でプレゼンテーションを行っていただくとともに、幅広い知識や豊富な 経験・ノウハウをもった当財団の専門家が相談・助言を行ない、事業化を支援します。

 ◆第1回から第15回までの実施結果については、こちらからご覧いただけます。

受賞者の特典等について

 『ベンチャー・カップCHIBA』の受賞者には、千葉市融資制度の優遇措置が設けられているほか、受賞されたビジネスプランの実現化を図るため、当財団のコーディネーター(専門スタッフ)を中心に、目標設定から事業の実現までをお手伝いいたします。

 詳細につきましては、下記リンクからご確認ください。

受賞者の特典と事業化までの支援措置(リンク)

※コーディネーター等(専門スタッフ)のご紹介

 コーディネーター等(専門スタッフ)は、中小企業者等の皆様が抱える経営面・技術面の課題を解決するため、様々な専門分野における知識・経験を有した専門家です。
 当財団では、無料相談窓口も設置しておりますので、お気軽にご相談ください。

コーディネーター等(専門スタッフ)一覧(リンク)

副賞(賞金)

「一般部門」
 グランプリ 50万円(1件)
 準グランプリ 10万円(最大4件)

「ソーシャルビジネス部門」
 グランプリ 20万円相当(1件)

「学生部門」
 グランプリ 20万円相当(1件)

※「ソーシャルビジネス部門」及び「学生部門」の副賞の内容は、賞金10万円とチバラボ利用料(1人分)が1年間無料です。
 

vc_chiba12_img01

応募資格

【一般部門】
 新規性・独創性に富み実現性のあるビジネスプランを持ち、次の1~3のいずれかに該当する方。

  1. 1年以内に創業予定で、千葉市内に事業所を置く意思がある方。
  2. 創業後5年以内で、千葉市内に事業所を置いている、もしくは置く意思がある個人事業者の方、中小企業者の方または特定非営利活動法人の方。
  3. 創業後の年数にかかわらず、新たな分野(※)に進出後5年以内で、千葉市内に事業所を置いている、もしくは置く意思がある個人事業者の方、中小企業者の方または特定非営利活動法人の方。
 ※新たな分野・・・同業種内での新規開発、他業種への進出等を指し、当該役務または新規開発製品からの売り上げを計上した時点を起点とする。
 ※過去に本事業においてグランプリ、準グランプリ又は優秀賞等を受賞した方は、受賞時のテーマとは異なるビジネスプランであれば応募は可とします。
 なお、過去の受賞者で創業後5年を経過した方は、受賞時のテーマとは異なるビジネスプランであり、かつ上記応募資格3での応募に限ります。


【ソーシャルビジネス部門】
 地域の人材やノウハウ、施設、資金などの地域資源を活かしながら地域で解決しうる課題の解決に「ビジネス」の手法で取り組む継続的な活動プランを持ち、以下1及び2の要件を全て満たす方。

  1. 創業5年以内で、千葉市内に事業所を置いている、若しくは置く意思がある個人事業者の方、中小企業者の方、一般社団法人・一般財団法人の方又は特定非営利活動法人等の方
  2. 地域課題の解決等を目的とした、主にソーシャルビジネス、コミュニティビジネスとして位置づけられ、地域課題の解決に貢献していく継続的ビジネス活動であること

  (※創業予定のある方は、審査の際に加点対象となります。)

【学生部門】
 
学生特有の問題意識から生み出された創造性、独創性溢れるビジネスプラン(ビジネスアイデアを含む)を考えている方で、以下の要件を満たす方。

  1. 起業家志向のある学生で、学校教育法に規定する大学(大学院を含む)、短期大学、高等専門学校、専修学校、高等学校若しくは日本国内のこれらに準ずると認められる学校に在籍する学生(聴講生等を除く)である方

 応募方法等

1 応募申込書等の入手方法

  1. 直接受け取る場合は次の窓口で
    • (公財)千葉市産業振興財団(千葉市ビジネス支援センター内)
    • 千葉市役所産業支援課
  2. ファイルをダウンロードする場合は下のリンクから
  3. ファイルをダウンロードできない場合や遠方から応募の場合は、応募申込書をE-mailまたは郵送にてお送りします。当財団へご連絡ください。

2 応募書類

    • 応募申込書(紙媒体及びデジタルデータ) 各1部 (紙媒体提出の際、ホチキス留めは不可)
    • 必要に応じて参考資料(パンフレット、図面等) 10部(A4サイズ)

    ※提出いただいた書類の返却はいたしません。
    ※応募要領をよくご確認の上、応募ください。

3 応募方法

  1. 紙媒体
    • 直接持参
    • 郵送
  2. デジタルデータは次のいずれかの方法で
    • E-mailの添付ファイルとして送信
      ※ 容量が多い場合は、大容量ファイル転送サービス等により送付ください。
    • CD-Rを直接持参または郵送
      注1) 参考資料は、必ず印刷した現物(A4サイズで10部)を郵送又は持参してください。
      注2) 対応可能なアプリケーションソフトは、Word、Excel及びPowerPointです。他のアプリケーションソフトをご利用の場合は、ご相談ください。

4 応募先

公益財団法人千葉市産業振興財団 
〒260-0013 千葉市中央区中央4-5-1 Qiball(きぼーる)13階 ビジネス支援センター内
TEL:043-201-9504  FAX:043-201-9507
E-mail:sangyosozo@chibashi-sangyo.or.jp(@マークを半角にしてメールをお送りください)

5 応募上の注意

 第16回『ベンチャー・カップCHIBA』は、応募者のビジネスプラン公表の機会を設け、投資家、ビジネスパートナー等との交流の場を提供する等、当該応募者に資金、販路、技術、経営ノウハウ等の経営資源を獲得し得る環境を与えることを目的としております。
 そのため、応募者の個人情報を含むビジネスプランの情報は、広く公表する事を前提としており、利用目的の範囲内で情報を提供することがあります。
 また、応募者側の必要に応じ、応募者側の責任で特許・実用新案等の知的所有権に関する法的保護をお願いします。
 なお、応募申込書、参考資料等は返却しませんので、予めご了承ください。

6 申込後の流れ

 様々な分野の専門家から構成された審査会により審査が行われます。なお、応募数が多数の場合は当財団専門家による書類選考を行います。

申込後の流れ

【一般部門】
 ①1次審査(応募者多数の場合、当財団で1次審査を行います。)
 ②2次審査(書類審査) 平成29年9月20日(水) 
 ③3次審査(プレゼンテーション及び質疑応答) 平成29年10月18日(水)
   ※審査結果につきましては、審査終了後速やかに応募者へ書面で通知します。 
 

【ソーシャルビジネス部門】
 審査方法:プレゼンテーション及び質疑応答。 
 審査日程:平成29年10月4日(水)
  ※ソーシャルビジネス部門のグランプリを決定。
   ※審査結果につきましては、審査終了後速やかに応募者へ書面で通知します。

【学生部門】
 審査方法:プレゼンテーション及び質疑応答
 審査日程:平成29年10月11日(水)
  ※学生部門のグランプリを決定。
  ※審査結果につきましては、審査終了後速やかに応募者へ書面で通知します。

11月29日(水)
第16回『ベンチャー・カップCHIBA』ビジネスプラン発表会(最終審査会)
 
一般部門:最終審査を行います。(各賞が決定されます。)
 ソーシャルビジネス部門:グランプリ受賞者の発表を予定しております。
学生部門:グランプリ受賞者の発表を予定しております。

ビジネスプラン発表会

日時(予定):平成29年11月29日(水)13:30~18:40
       発表会 13:30~17:25
       交流会 17:30~18:40


発表会では、創業・第二創業をテーマとした基調講演を予定しています。  

会場(予定):三井ガーデンホテル千葉

【協賛】

(株)千葉銀行ちばしんきんコラボ産学官事務局:千葉信用金庫)