left ban chibalabo2
セミナー講習
勤労者福祉サービスセンター
働くあなたの潤い生活『ゆるり』
お得な情報満載!『ゆるりぷらす』
メールマガジン
 
 
 
 

元気企業 株式会社ファソテック>>一覧

企業の概要

会社名(屋号) 株式会社ファソテック 代表者 竹内 淳一
所在地 〒261-0023
千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンB棟21階
担当窓口 ソリューション営業部 セールスサポートチーム
電話 043 - 212 - 2512 Eメール このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
FAX 043 - 212 - 2515 URL http://www.fasotec.co.jp/
業種 情報通信業 / 情報サービス業 創業年(西暦) 1983
資本金 26586万円 従業員数 120名
自社PR 弊社は、創業当時から今日まで、「ITを活用した製造業の効率化支援」を事業の主軸と位置づけ、自動車業界などのお客様にツールのご提供から活用・運用支援まで一貫したサービスを提供させていただいております。
最近では3次元プリンタを活用し、医療業界のお客様にもエンジニアリングサービスをご提供いたしております。
技術特性 当社社員の6割を占めるエンジニアにより、蓄積された知識・ノウハウを駆使した3次元デジタルデータの活用による、業務効率化、コスト削減、売れる商品作りのための設計製造プロセスの改革をご提供いたします。
事業内容 工業製品のものづくりを3次元技術でサポートするエンジニアリングサービス会社

・3次元CAD/CAM/CAEソフトウェアの販売・開発

・3次元技術を活用したものづくりのコンサルティング

・デジタル技術、3Dプリンタを活用した、医療分野におけるエンジニアリングサービス

事業の概要

 株式会社ファソテックは、当時既に生産技術の開発と高度な曲面と高精度を要する金型加工技術に携わっていた10人のグループにより1983年6月に創業されました。以来、先進的なプロセスエンジニアリングを基盤として発展を続けている高技術企業です。
 社名のファソテック(FASOTEC)は、「FAのSOftwareとTEChnologyに貢献する」という当社の使命から名づけられました。
 同社の主要な顧客は、自動車業界となっており、その他航空機業界、電気電子業界、情報技術サービス関連業界の約2百数十社の錚々たるハイテク企業です。
 同社は日本において三次元形状をコンピュータシステムを活用しNC加工を実現した草分けであり、CATIA、DELMIA、ENOVIA等の先 端的なソリューションシステムのシステム設計、ソフトウェア開発を行っています。メーカーからの共同開発、指導、コンサルティングなどのニーズが増えるに ともない、同社の事業領域も拡大しています。2005年には、2次元CAMシステムの開発・販売を行っているゴードーソリューション(株)を子会社化し、また2008年には中国における日系企業の支援を目的として江達発索科技(上海)有限公司を設立いたしました。現在は、これらファソテックグループでお客様に価値をご提供しています。

ITを活用した製造業の効率化支援

 弊社は、創業当時から今日まで、「ITを活用した製造業の効率化支援」を事業の主軸と位置づけ、自動車業界などのお客様にツールのご提供から活用・運用支援まで一貫したサービスを提供させて頂いております。
 創業の時から取り込んできたデジタル・ツールは、フランスに本社があるダッソー・システムズ社が開発しております3次元CADソフトウェアの代表的な製品の「CATIA」です。
 現在は「CATIA」を活用したソリューション・サービスだけでなく、
・生産シミュレーション・ソフトウェア「DELMIA」(ダッソー・システムズ社製)
・データ管理ソフトウェア「ENOVIA」(ダッソー・システムズ社製)
・公差解析ソフトウェア「3DCS」(米国DCS社製)
・3Dデータ活用・ソフトウェア「3DVIA」(ダッソー・システムズ社製)
といった、デジタル・ツールを活用したソリューション・サービスをお客様に提供しております。

 

医療向け3次元モデリングサービス『バイオテクスチャー』

 バイオテクスチャーは、2012年7月に新たに立ち上げた“医療向け3次元モデリングサービス”です。CTやMRIなどの医療データを使い3次元モデルを造形するため、患者個々の生体モデルを作成することができます。また、「質感」「触感」をリアルに再現することができるのが特徴です。

新事業への取り組みの経緯

 同社では、これまで3Dプリンターの販売事業を、医療現場へ展開していました。その中で、医療現場の声として3Dプリンターそのものの販売ではなく、生体モデルを提供してほしいというニーズが多いことに着目しました。そして、こうしたニーズの高まりをふまえ、生体モデル作成サービスを立ち上げるに至りました。
 生体モデルの作成は、CTやMRIなどのデータをそのまま3Dプリンターを利用して再現すれば完成するわけではありません。忠実に再現するためには、データに対して補正や細部の調整が必要でした。また、「質感」や「触感」を再現するためには、樹脂素材の精密な組み合わせを研究する必要がありました。そこで、医療機関と連携し、医療現場の豊富なアイデア・経験と同社がこれまで培ってきたデジタルデータに対する高い技術力を組み合わせる医工連携を実現し、これまでにない次世代生体モデルの作成サービスの提供を実現しました。

genki16_img03

新事業の成功要因

  バイオテクスチャーは、医療現場における様々な場面で活用されています。
  リアルに再現された生体モデルを使うことで、個別の症例を事前に再現することができるため、手術前の詳細なシミュレーションを可能にしました。また、インフォームドコンセントを行う上で、画面上のデータではなく患者自身の模型を使って説明することができるため、患者の納得感も高まり病院のブランド向上にも寄与しています。さらに、医療現場のトレーニングシステムに利用することで、これまで海外仕様のトレーニングシステムを使わざる得ない状況から、個別ニーズに対応し日本人の体格にあったリアリティある手術トレーニングを可能としました。このように同社は、徹底して医療現場のニーズをくみ取り事業展開することで、新事業を着実に成長させています。
  今後は、国内展開はもとより、海外とくにアジア地域にも同じような課題があることに目をつけ、進出していくことを目指しています。

genki16_img04

経営理念

  社名が示すように、FA化のソフトウェアとテクノロジーに貢献することを使命としています。同社の経営理念として、「同社の財産は人材が全て」という考え方に基づき、「STAR活動」を経営指針に掲げて、全社員が価値観を共有してます。

 STAR活動は、
・Study :問題意識をもって積極的に学ぶ。
・Think :創造的な解決策を考える。
・Action :勇気をもって仕事をやり抜く。
・Review:結果を見直し建設的な問題提起をする。

という4つの指針の頭のアルファベットを取ったものです。
 同社の約7割は技術者であり、CAD/CAM/CAEシステムの導入からさらに進化し、モデリング支援、専門技術者派遣、人材育成・教育、生産管理・システム管理まで統合的に「ものづくり」の支援を行っていく上で、顧客のニーズを把握し、また顧客の問題を解決していくための専門スキルと人格的なものが求められます。人財である社員に対してどのように働きやすい環境をつくるか、高い勤労意欲を引き出していくか、同社では 人材の育成と確保のために、いろいろな施策を講じています。社員の処遇については、成果主義を導入し、若い能力のある社員のモラルアップと高い目標設定を 支援しています。
 また、顧客、同社、関連する企業の全てが利益を上げ、進歩していく‘Win & Win’の関係づくりを目指して最適なソリューションの提案を事業戦略の基本に据えています。

今後の展開

  近年のITの飛躍的な進歩によりお客様のご要求がより高度になってきました。当社は創業当時から培ってきた3Dデジタルデータの有効活用ノウハウを中心としたサービス事業を展開してまいります。これまでの製造業のお客様への3Dデジタルデータに関連するソリューション開発等のサービス事業を強化していくことに加えて、医工連携、大学との共同研究等、製造業以外の分野に対しても積極的にビジネスを展開してまいります。

ページの先頭へ戻る
閉じる