元気企業ご紹介

企業の概要

会社名(屋号) 千代田漬物株式会社 代表者 柿澤 好徹
所在地 〒261-0003
千葉県千葉市美浜区高浜2丁目2番1号
担当窓口 柿澤 好徹
電話 043 - 248 - 3336 Eメール
FAX URL http://www.chiyotsuke.co.jp/
業種 卸売・小売業 / 飲食料品卸売業 創業年(西暦) 1975
資本金 1000万円 従業員数 15名
自社PR お漬物のことなら何でも!漬物プロ集団がご担当いたします!
小売はディスカウントスーパーから八百屋さん、お土産屋さんまで。
外食はお弁当屋さんからホテル、空港機内食など地域一番店を目指しております。
(取扱商品は大手メーカーから地方名産品まで常時2,000種類の品揃え)
技主要な商品・サービス 千葉県を中心に東京都・茨城県を商圏に、地域密着の漬物卸売り会社です。
千葉県内を始め、全国各地の製造元様にご協力を頂き、様々な種類の漬物を取り扱っております。
事業内容 漬物・佃煮の卸売り
千葉市場・成田市場を基点として40年間、皆様に支えられて商売をして参りました。
両市場に来店してくださるお客様の他に、約170店舗のお客様にルートセールスを行っております。

企業の特色・PR

千代田漬物株式会社は1975年の会社設立以来、社是であります「信頼」を大切に守り育てて、
お客様・仕入先様と共に歩んで来られた、漬物総合卸問屋です。
千葉地方卸売市場・成田総合流通センターの両市場に拠点を持ち、
地元千葉・茨城5社の協力工場と提携し様々なジャンルのスポット商品を取り扱っています。
当社では約10年前から、農家・工場とタイアップした「千産千消」プロジェクトに取り組んでいます。
これは生産者、製造者、流通(当社)が手を組んで県内農産物を使った漬物を開発し、
地域限定・期間限定で販売することで、商品のブランド化を進めようという狙いです。
また、当社は社内一体となりプロジェクトチームを組んで、「業務のIT化」を積極的に推進してきました。
経済産業省より2008年度中小企業IT経営力大賞・審査委員会奨励賞に続き、
2010年にはIT経営実践企業の認定を受けられました。
IT化の推進により、業務の効率化と攻めの営業を可能として、自社便配送システム構築による、
一部棚陳列や商品選定の代行、日々の少量配送を実現するなど、
商品供給とコンサルティングを含めた提案営業を展開しています。
社員一丸で「愛ある漬物プロ集団」を目指している企業です。

主要な製品サービスの紹介

◎千代田漬物は、御社の「漬物担当“社”」です。
 ◆取扱商品は、大手メーカーから地方特産品まで約2,000品と、豊富な品ぞろえが自慢です。
 漬物、佃煮の専門卸問屋として40年間、皆様に支えられてやって参りました。
 全国各地の製造元より信頼を頂き、取扱品は今でも増え続けております。
 様々な業種のお得意先様の需要にお応えすべく、常時小口にて販売できる体制をとっております。
 また、一般需要ではないホテル・外食様の特殊品は、協力工場にて特別製造を行うことも可能としております。
 とにかく「漬物の事なら何でも!」と言った専門店で問い合わせてみる価値のある会社です。

genki21_img01



◎千代田漬物の「千産千消」の取り組み
 ◆「千産千消」プロジェクトの4つのコンセプト             
 (1)『 旬 』 ・・・生産農家から近い工場で生産
     生産農家から調達した野菜を、一番近い当社提携工場で新鮮な状態で加工!
 (2)『地球にやさしい』 ・・・帰りのトラックで流通
     納品の帰りトラックで農家へ引き取り、長距離流通不要、co2軽減・・・地球に優しい!
 (3)『地域へ貢献』 ・・・「規格外野菜」等を活用
     地元の野菜を、地元で加工、地元で消費、・・地域の活性化!
     「摘果野菜」「規格外野菜」を漬物に活用・・・地域資源の有効活用!
 (4)『安 心』 ・・・地元の野菜だけを使用
     自分の知っている地域の野菜は、安心!

genki21_img03



今後の展開

社是である「信頼」を旗印に経営理念に則り永続的繁栄を目標に事業を進めている。

経営理念は
        1. 関わり合う全ての人に信頼される企業になる 
                  1. 社会から必要とされる企業になる
                  1. 漬物のプロとして地域の皆様に幸せを届ける企業になる
                  1. 社員の夢がかなう企業になる
                                                             です。

地域密着で背伸びをしない経営を行う。具体的には、過大な設備投資は行わず、現在の経営資源を最大限活用して新規事業の展開を図る。今、着手して軌道に乗りつつある「千産千消プロジェクト」も、その一環である。
また、縮小しつつある漬物業界の発展の為、同業他社とは価格競争を行わない。など、未来を見据えた経営を行っている。当社社長の口癖は「これから の仕事は社員の満足度が大事であり、社員本人が面白くないとだめであり、夢がないとだめである。経営者の仕事は、夢と希望と元気を与え、慢心と甘えを取り 除くことである」
100年先も食卓に幸せを届ける漬物プロ集団として在れるよう、日々の活動に心より邁進して参ります。

 

PAGE TOP