ビジネス交流会「3Dプリンタが拓く新しいものづくりの世界」
- 3Dプリンタが生み出す新しいビジネスへの期待と課題 -


3Dプリンタの活用は、これまでの製造業ならびにものづくりの形態を変革させるものとも考えられ、さらなる新事業創出を図るためには、その最新動向を捉えておく必要があります。
今回は、樹脂系・金属系・セラミックス系それぞれの3Dプリンタの活用事例を一堂に集め、その活用法を広く情報提供し、今後のものづくりの可能性について議論し、新たなものづくり産業創出への連携構築に向けた出会いの場とするビジネス交流会を開催します。
定員に達しましたので、申込受付を締め切りました(7/22)

日時

平成27年7月24日(金)
 <講演・ディスカッション>15:30~18:00
 <交流懇親会>18:00~19:00

会場

千葉市ビジネス支援センター会議室3(Qiball 13階)
(千葉市中央区中央4-5-1)

内容(予定)

1)【基調講演】「経済産業省における3Dプリンタへの取り組み状況について」
  [講師]経済産業省 製造産業局素形材産業室
      室長補佐 伊藤 早直 氏

2)【活用最新事例紹介】
・樹脂系3Dプリンタ活用事例- 医療用臓器モデル創生と今後の動向 -
 株式会社ファソテック 渡辺 欣一 氏

・金属系3Dプリンタ活用事例- 金属光造形複合加工機の応用事例と課題 -
 株式会社松浦機械製作所 緑川 哲史 氏

・セラミック系3Dプリンタ活用事例- 広告代理ビジネスにおける展開 -
 株式会社世広 鈴木 定徳 氏

・3DCADソフトによるモデル化事例- 3Dモデリングソフトに必要な2つのポイント -
 SOLIDWORKS一次代理店 株式会社日立産業制御ソリューションズ 兵藤 仁 氏

・公設研究機関における3Dプリンタ活用事例- 研究所試作機の活用状況と今後の動向 -
 千葉県産業支援技術研究所 大谷 大輔 氏

3)【ディスカッション】
  「3Dプリンタによる新しいビジネスへの展開と課題」をテーマに、
   講演者・発表者等を交えてディスカッションを行います。

4)【交流懇親会】
   講師・参加者らによる懇親会を行います

参加費

無料(交流懇親会参加は1,000円)

申込方法

参加者のお名前、企業名、業種、所属、役職、連絡先(所在地、電話番号、FAX、E-Mail)、交流懇親会参加希望の有無についてご記入の上、下記メールアドレスまでお申込ください。

※ また、申込用紙(Word)をダウンロードして、FAX(043-201-9507)でもお申込できます。

【個人情報の取り扱いについて】
参加申込の際にいただく個人情報は、交流懇親会に関するご連絡や参加者名簿の作成など、事業の円滑な運営のためにのみ使用します。また、法令に基づく開示要請があった場合、本人の同意があった場合、その他特別の理由がある場合を除き、第三者への提供・開示はしません。

 

申込期限

定員に達しましたので、申込受付を締め切りました(7/22)

[問合わせ先]
公益財団法人千葉市産業振興財団 新事業創出班
〒260-0013 千葉市中央区中央4-5-1 Qiball(きぼーる)13F
TEL:043-201-9504  FAX:043-201-9507
E-mail:shinjigyo@chibashi-sangyo.or.jp(@マークを半角にしてメールをお送りください)

PAGE TOP